鼻の下が長い上唇をうえにもちあげる

鼻の下が長い事で悩んでいる人もいますが、美容整形に行くと上唇をもちあげるか鼻先を下にさげるなどして改善してくれます。またどちらの方法にするかはその人にもよりますが、上唇をもちあげる場合は口元の印象なども少し変わってしまいますから注意した方がいいでしょう。どうしても上に少しつりあがりますから笑った時に歯茎が見えてしまう人もいるようです。もともとあまり気にならない人の場合は大丈夫ですが、すでにそうした事がおこっている人がさらにやってしまうと口元にもよくない影響がでてしまうでしょう。またこの方法の場合はやや傷口が残りやすく、人によっては少し気になってしまう事もあります。もともとの唇の形にもよりますが、こちらの方法を選択する際は気をつけた方がいいでしょう。実際にどうなるのかシミュレーションなどして状態を確かめた方が安心です。

鼻の下が長い鼻さきや鼻柱を少し下におろす

美容整形で鼻の形など気にする人も多いですが、鼻の下が長い事で困っている人もいるでしょう。口と鼻の距離というのはとても微妙ですが、一度気になり始めるとどうしてもそちらに目がいってしまう事もあります。よく使われるのは鼻さきや鼻の柱の部分を下におろして長さを調節する方法です。上唇を活用した方法もありますが、どちらかというと鼻を触る方がよく用いられているようです。傷口も目立ちにくくその後も安心です。もともとある鼻を少しだけ長さなど調節するだけですからリスクも少なくてすみそうです。これだと口元や鼻の下を傷けることなく改善できるでしょう。処置後も違和感なく印象がかえられそうです。鼻の下だけにとらわれないで、顔全体のバランスなども大切でしょう。鼻さきを少しさわるだけでかなり印象も違ってきますから、一度相談に行ってもよさそうです。

鼻の下が長い鼻の下を切開してもちあげる

鼻の下が長い場合、美容整形等にいくとある程度は改善する事ができるでしょう。これについてはその人にもよりますが、もともとの顔のつくりとしてそうなっている場合もあれば、最初はそうでなくても加齢によって肌がたるみ鼻の下が長くなってしまったという場合があります。印象だと少ししまりのない感じに見えてしまいますから、少しでも改善したいと思っている人もいるでしょう。いろいろな方法がありますが、鼻のすぐ下辺りを切開してそこから上に持ち上げるという方法もあります。手術ときくと少し不安になりますが、鼻にそって切りもちあげますから、傷口もなるべく見えないようになっているでしょう。鼻の下を切開しますから、鼻の形などには影響しません。また手術の際は局所麻酔をして行いますが、時間だとだいたい1時間もあればできてしまいます。